育児・資格・時々体調不良なブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結節性痒疹治療記

結節性痒疹と痔、生後7か月の娘を抱えながら司法書士になるべく毎日机に向かっています。 4月からは職場復帰も控えていますので、今より爆発気味にあること間違いありません。

【スポンサーリンク】

アントロポゾフィー治療開始から1か月と1週間が経過しました。

しばらく更新が滞っていてすみません。

結節性痒疹、今はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:labra0403doll:20170513074430j:plain

全体

f:id:labra0403doll:20170513074512j:plain

左足首の外側

f:id:labra0403doll:20170513074615j:plain

右足首の外側

 

 

 

 

 

 

んーまだ赤いですよね。

実際痒い時もあります。

掻き毟ると言うよりはポリポリくらい。

新しいものはできなくなりました。

左手指と両太ももにあった痒疹は消失しています。

ヒザはここから始まったこともあってか、まだ頑固に居座っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

5/9に5分ほどの再診がありました。

お薬は以前いただいた2種類と、追加で5回分のかゆみ止め。

このかゆみ止めは痒いときに飲んでね、とのことで金平糖の小さいバージョンというか…少し甘い錠剤です。

5回分しかないのでよっぽどじゃない限りは服用していません笑

 

アレロックは相変わらず1日1錠飲み続けています。

先生から今までの薬を勝手にやめないと言われているので。

(それでも痒みにあわせて1.5錠飲んでいたものを1錠に減らしています)

 

 

 

 

 

 

次回は6月中旬です('ω')ノ

アントロポゾフィー治療、明日で1週間です。

4/3に初診でした。

その後の様子はこんな感じです。

お薬以外の"処方"として、運動するよう言われたのでもともと好きだったランニングの頻度を週1回から週3、4回に増やし体を動かすよう意識しています。

食生活もお野菜中心にしようとは思うのですが、なかなかできていません…。

 

f:id:labra0403doll:20170409113111j:plain4/4

 

f:id:labra0403doll:20170409113142j:plain4/7

f:id:labra0403doll:20170409113215j:plain4/9

 

 写真だけでは少しわかりにくいですが私自身の実感として、いくつか変わった点がありますので報告しますね。

 

1.お薬の量が減りました。

それまでアレロックは1日1.5錠~2錠服用していましたが今は夕食後の1錠だけで夜起きることも掻き毟ることもなく(朝起きて傷になっていたり出血しているところがない)、過ごせています。

ステロイドもまったく使っていません!

日中もほとんど痒みはなく、あっても市販の非ステロイド剤(ラナケイン。おすすめです)だけで十分対処できています。

実際に痒みを感じないと言うのは精神衛生上すごくいいです。

痒疹のことを思い出さずに済みますし、赤くなっている痒疹を見なくていいので…。

 

2.お風呂に入った時・寝起きの痒みが激減

お風呂に入ると(特に浴槽につかるため足を踏み入れた時)、足首からふくらはぎにかけて猛烈に、本当に芯の芯からきているような痒みが起こっていたのですが最近はちょっとむずがゆい程度になりつつあります。

寝起きも”起きたらまず掻く”というルーティーンがなくなりました。

 

3.結節が小さくなってきた

右足のひざあたりが一番酷く、長く存在しすぎてボコッと結節化していた痒疹がたいらになってきました。

これは嬉しい。

 

 今まで飲んでいた薬を急にやめたりしない、というのが山本先生との約束なのでアレロックはまだ続けます。