育児・資格・時々体調不良なブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結節性痒疹治療記

結節性痒疹と痔、生後7か月の娘を抱えながら司法書士になるべく毎日机に向かっています。 4月からは職場復帰も控えていますので、今より爆発気味にあること間違いありません。

【スポンサーリンク】

育児と勉強の両立。(4月からは仕事も)(駄&愚痴)

育児他に関する体験と見解 資格試験

【スポンサーリンク】

このブログで時々登場するわが娘は、あまり手のかからない子だと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

それでも泣きっぱなしの日というのが度々やってきます。

 

 

 

 

 

 

 

幸い歩きながら抱っこorおんぶしたら泣き止んでくれるのですが、それじゃあできないのが

 

 

 

 

 

 

 

 

「勉強」

 

 

 

 【広告】

 

 

 

 

 

私は2014年の8月から司法書士になるべく勉強しています。

 

法律事務所で週4日働きながら、試験勉強だけは時間の長短あれど毎日欠かさず。

妊娠中も、出産時の入院期間も。

ある意味仕事より熱心です。笑

昨年は出産時の大量出血で入院期間がのびてしまい退院3日目に試験を迎えましたが、円座を持ち込んで受験しました。笑

 

合格率3%を切る難度の高いと言われる試験ですが、ハードルが高ければ高いほどやりがいもあるというもの。

 

とは言いつつ、今年の7月に実施される試験で3回目の受験となってしまいました。

 難しいもんです。

 

 

 【広告】

 

 

 

そして、私はいつも母性のはざま?で揺れ動いています。

 

母性のカケラもない私が「育休中こそ勉強するべき。仕事に復帰したら本当に勉強時間なんてなくなるよ」と言い、

 

母性を持った私が「こんなに長い時間この子と一緒に過ごせるのは今しかないのに」と言う…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集中したい時に泣かれると

「誰のためにやってると思ってるの!」

という一言がのど元まで出てきます。

ママだって本当はあなたと遊びたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「同じ働くならかっこいい方がいい」

「今まで学んできた法律に関わっていたい」

「「理想の自分」に近づきたい」

そう思って始めたにも関わらず、

それが出産後いつの間にか

 「娘の学費のため」

 「娘を不自由させないため」

 「家計のため」

という動機にすり替わっていることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強を始めたのは自分。

産んだのも自分。

育児も勉強ももう投げ出せない。

この状況から自分を救えるのは自分だけ。

そもそも自業自得だ、もっと早くに合格できていれば…。

 

そんなことが頭の中で毎日毎日グルグルします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ苦しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、やるしか道はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母は強い生き物なのだ。