育児・資格・時々体調不良なブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結節性痒疹治療記

結節性痒疹と痔、生後7か月の娘を抱えながら司法書士になるべく毎日机に向かっています。 4月からは職場復帰も控えていますので、今より爆発気味にあること間違いありません。

【スポンサーリンク】

産後、育児と資格の勉強を両立させるには。

【スポンサーリンク】

何が必要かと申しますと。

 

 

 

 

 

 

「スケジュールをたてすぎないこと」

 

 

 

 

 

 

だと私は思っています。

子供がスケジュール通りに泣いて寝てくれるわけないので。

f:id:labra0403doll:20170131213748p:plain

 

 

 

 

 

 

 

また、試験の難易度が上がれば上がるほど、長期戦になることを覚悟しておくこと。

言い換えれば「気長に取り組む根性と心の余裕」が必要かと。

(余裕がないとこうなる過去記事→育児と勉強の両立。(4月からは仕事も)(駄&愚痴) - 育児しながら資格もとりたい主婦の道のり)

 

 

 

 

 

 

 

私はこんな感じで生きてきました↓

 

2012年 国家公務員試験合格

2013年 K庁に入庁

2014年 退職・結婚・法律事務所に再就職・司法書士試験の勉強スタート

2015年 行政書士合格←この時妊娠3か月

2016年 個人情報保護士合格←この時産後3か月 

2017年 現在に至る

 

自分で言うのもなんですが学生のころから勉強熱心な人間でした。

f:id:labra0403doll:20170131213929p:plain

 

 

 

 

 

 

なので出産前と出産後の勉強の諸々を比較してみると、正直申し上げて出産後は時間も質も落ちます

(※落ちない方もいらっしゃると思います)

 

なぜかというと、

 

出産前:体調と時間の許す限り、自分の集中したい時間に集中できるだけ、座って勉強に取り組むことができる。

 

上記に対して、

 

出産後:赤子が静かにしている間がその時。というかむしろその時だけ。太平洋の白波のようにきてはかえるオムツとミルクと離乳食の、その間隙。なんだか集中できないなぁという時でも無理やり集中。なんなら泣いている赤子をおぶって歩いて片手に問題集もう片手にボールペン、はザラ。

 

なのです。

 

 

 

 

 

 

よって、もし今産休で何か始めようかしら、と考えてらっしゃる方がいるなら、もう、まさに、今、NOW!、始めてください。

 

 

 

 

 

 

後々結婚して子供欲しいなーなんて考えているそこの計画的でスマートなワーキングウーマン!今でしょ!

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう産んじゃったよ、という方。

ともに頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

始めてしまったら進むか、もしくは投げ出すしか道はありません。

 

努力を続ける母の姿を見て育つ子は、いつか同じように努力できる人に成長してくれると、一抹の期待を込めます。